運転安全マネジメント

ホーム > 運転安全マネジメント

運輸安全マネジメントに関する取り組み

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

1)
当社は、社長が輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、率先して社内における輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。また、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。

2)
輸送の安全に関する計画の策定(Plan)、実行((Do)、チェック(Check)、改善(Act)を確実に実施し、
安全対策を常時見直すことにより、全社員が一丸となって業務を遂行いたします。
絶えず輸送の安全性の向上に努め、また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

2. 輸送の安全に関する重点施策

1) 輸送の安全が最も重要であるという意識を全社員に徹底し、関係法令及び安全管理規程に定められた事項を遵守すること。

2) 輸送の安全および災害時対策に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。

3) 輸送の安全および災害対策に関する内部監査を行い、必要な是正措置又は予防措置を講じること。

4) 輸送の安全および災害対策に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達共有すること。

5) 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を作成し、これを適確に実施すること。

6) 災害時対策マニュアルを整備し、被災時行動訓練を各部門において定期実施すること

3. 輸送の安全に関する目標

平成24年5月1日~平成24年10月31日
「人身事故の撲滅」
・みんなが「うれしい」と思う安全運行

4. 事故に関する統計

自動車事故報告規則第2条に規定する事故は発生しておりません

5. 輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

・ 導入されたアルコールチェッカーが常時正常機能していることの日常チェックを開始 (2011年4月)

・ バス全車両に対しデジタルタコメーター・ドライブレコーダーの設置

・ バス乗務員帰庫点呼時における乗務員指導の強化 (デジタルタコメーター運行履歴情報の活用)

6. 昨年度における具体的な取組み

1) 研修・講習会の実施

管理者向け
・ 運行管理者試験(8月25日)
・ NASVA適正診断活用講座(8月22日)
・ 安全・労務担当者向け講習(8月10日)

乗務員向け
2) 車両の検査
・ 本社
・ 対馬営業所
・ 博多営業所
3) 実施会議
・ 安全マネジメント進捗会議(8月8日)

4) 事故件数の前年同月比較
・ 2012年8月 人身事故 4件 (4件)  物損事故 10件 (11件) ※()内は前年同月
 
7. 輸送の安全に関する情報の伝達体制その他の組織体制

8. 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

・ 目標達成のための教育指導を徹底してまいります。

9. 輸送の安全に関する内部監査結果並びに当該結果に基づき講じた措置及び講じようとする措置

・ 輸送の安全に関する内部監査⇒年2回実施(安全統括管理者・業務部・教育部)
・ 重大な事故・災害等が発生した場合、その他必要と認められた場合は遅延なく輸送の安全に関する内部監査を実施

10. 安全管理規程

11. 安全統括管理者に係る情報

安全統括管理者 武内一彦

企画実施会社との関係について

高速ツアーバス安全確保指針に関する当社の遵守・対応状況を公開いたします。
(高速ツアーバス連絡協議会の安全確保指針についてはこちらをご確認ください。)
  項目 当社
対応状況
1 企画実施会社が設置する安全運航協議会等に参加し、企画実施会社との間で法令遵守及び安全確保の情報について共有するとともに書面で確認する。
2 「高速ツアーバス運行事業者リスト」(国土交通省)に記載されていることを確認する。
3 交替運転者の配置基準については7月中旬に改正、公布、即日施行される必要な関係法令・通達を遵守する。但し、夜行運行で実車走行距離が450km以上のコースについては、上記に関わらず交替運転者の配置を必須とする。また、企画実施会社へ運行指示書の写し、または、これに準じる内容の電子メール等を手交し、交代運転者の配置状況を報告する。
4 運行前日までに、実際に運行する車両の、所属会社名、車番、運転者の氏名、携帯電話番号(交替運転者を含む)を必ず企画実施会社に通知する。
5 運行時間帯に常に連絡可能な企画実施会社の緊急連絡先を把握し、緊急時に速やかに報告できる体制を整える。
6 運行時間帯に常に連絡可能な企画実施会社の緊急連絡先を把握し、緊急時に速やかに報告できる体制を整える。
7 万一の事故の際には、企画実施会社と協力して状況の把握、被害者の救護などの対応に当たる。
8 上記の内容について、相互に書面にて報告、確認し、承諾する。内容に変更がある場合も同様とする。
9 「高速バス表示ガイドライン」に示された内容について、車両及び車内に表示する。

交替運転者配置基準に関する法令・通達(案)

夜行運転で長距離(実車走行距離が400km以上のもの。ただし、以下に示された特別な安全措置を講じ、その内容について公表を行っている場合は450km)のコースについては、交替運転者の配置を必須とする。
また、一人の運転者の乗務時間が10時間を超える場合にも交替運転者を配置する。
  1,必須項目
以下のすべての項目を満たしていること。
当社
対応状況
1-イ 運行するバスに関し、遠隔地の点呼(ドライバーが所属する営業所ではなく、遠隔地において受ける点呼)において、担当の運行管理者が行う電話点呼に、運行管理者又はその補助者※が運転者に立ち会って点呼を行っていること、または、IT点呼を行っていること。                                ※運行管理者又は補助者は、運行者と同じバス事業者の従業員であるか、または当該運行事業者と当該点呼に関する契約を結んでいること。
1-ロ 運行するバスにデジタル式運行記録計(デジタコ)を装備し、それを用いた運行管理、デジタコのデータに基づく運転者指導を行っていること。
1-ハ 運転計画において、連続運転時間を概ね2時間とし、概ね運転時間2時間ごとに合計で20分以上の休憩を確保していること。
1-ニ 運行直前の休息時間が11時間以上であること。
  2,選択項目
以下の事項に1つ該当していること。
当社
対応状況
2-ホ 日本バス協会から有効な安全性評価認定を受けていること。  
2-ヘ 安全運転協議会が設置され、その発意に基づき、運転者の過労防止策等の安全措置が適切に実行されていることについて、常時又は抜き打ちで調査が行われていること。  
2-ト 明文化された高速バス運転者の育成プログラムに従い、運転者の養成を行っていること。  
2-チ ドライブ・レコーダー(ドラレコ)を用いて、運転者指導を行っていること。
2-リ 運行するバスに、衝突被害軽減ブレーキが整備されていること。  
2-ヌ 運行するバスに、車線逸脱警報装置が装備されていること。  
2-ル 運行するバスに、居眠りを感知できる装置が装備されていること。  
2-ヲ 運行管理者が24時間にわたって運行中は営業所に常駐して運転者をサポートする体制を敷いていること。  
ページトップに戻る